Relaxation&Healing salon静岡県富士宮市ヒプノセラピー(催眠療法),カウンセリング,ハートヒーリング、ナチュラルライフ、セラピスト養成、変わりたいあなたを応援します。

HOMEナチュラルライフセルフボディケア講座

ナチュラルライフ【アーユルヴェーダ応用】

アーユルヴェーダとは

古代インドから伝わるアーユルヴェーダは、自分自身が自分の心やからだの状態を知りそに対して自分で対処する方法です自分の個性、年齢、日時、場所にあった生活の仕方をすることのできる知識を得ることにより、どんな人にとっても理解しやすく一人一人が自分の生き方まで学ぶことができます。

一日の間、一年の間、年齢の差、個人個人の差など、個性をとらえて1人1人にあった生活のしかたについてお伝えしていきます。

アーユルヴェーダの歴史
サンスクリット語のアーユス(Ayus;生命・寿命)とヴェーダ(Veda;科学・知識)が組み合わさって出来た言葉で「生命科学」という意味です。
アーユルヴェーダはインドに伝わる伝統医学で、漢方(中国医学)と並ぶ東洋医学の双璧をなすもので、ギリシア医学、中国医学、アーユルヴェーダの3つを称して世界3大伝統医学と呼ばれています。
古代インドを発祥として、約5千年の歴史を持ち、中国、ギリシャ、アラビア、にもチベットの医学にも影響を与えたと謂われています。
アーユルヴェーダは紀元前8世紀〜紀元10世紀頃に盛んだったと謂われますがその後解釈や技法が様々に解釈されるようになって行きました。
こうした中、1980年代初めにアーユルヴェーダの指導的な医師達が集まり、散逸して行ったアーユルヴェーダの知識が再編され、更にこれに現代医学の立場から科学的な検討が加えられて、改めて世界で注目を浴びるようになりました。

アーユルヴェーダの規定している健康とは
(1)ドーシャのバランスが取れていて
(2)食欲があり
(3)ダーツゥ(≒新陳代謝)が正常に機能し、
(4)マラ(=排泄物)のバランスが整い、
(5)五感や精神状態が至福に満ちている状態、を意味しています。


アーユルヴェーダは、治療や治癒だけでなく生活全体にアプローチすることで、健康を最高の状態に保ち、長寿を図ろうとする考え方で、何よりも「より良く生きる」ということを目的としています。

アーユルヴェーダのトリドーシャ論

ドーシャについて

このドーシャは、季節や年齢、そのときの体調などによって変化します。
ヴァータ(風)のエネルギーが強い人、ピッタのエネルギーが強い人、カパのエネルギーが強い人ということはありますが、どれか一
つだけのドーシャではなく、三種類のドーシャを併せ持っています。

今の自分自身のドーシャ(体質)を知っておくことは自分で自分の心や体の状態をチェックするのにとても役立ちます。

ナチュラルセラピー

わたしたちが、庭や道端で目にする雑草と呼ばれている植物の中には、素晴らしい薬効を持った薬草が
たくさんあります
現在のように医療が発達していなかった時代には、生活の知恵として利用されていたこれらの薬草を、もう1度見なおしてみましょう。どのような植物がどの症状に効果があるかなどについてお話させていただきます。身近にある植物で、さまざまな症状を軽減させることができることに驚かれることでしょう。
自分の健康は自分で守る
便利さや快適さを求め、自然からかけ離れた生活をするようになってから花粉症や、アトピーなどのアレルギー症状に悩まされている人が増えつづけています。自然の中で過ごすだけでも、心やからだが元気になってきます。なぜなら、わたしたちも自然の一部だからです。それらの症状はそのことを思い出させるために起きているのではないでしょうか。
わたしたちには、自然治癒力が備わっています。お薬を使わなくても、免疫を強化することにより、症状は和らぎます。
昔の人々の智恵が、民間療法という形で現在に伝えられています。自然が与えてくれる恩恵は、無尽蔵ですそれらの恩恵を感謝と共に受け取りましょう。

講座メニュー】

◎自分の心とからだを見つめよう
◎東洋医学の健康観
◎あなたの体質を知ろう

◎入浴・心身を癒すアロマテラピー基礎講座
◎ヨガと呼吸法
◎自然の万能薬
◎食事による健康法
☆ロランオリジナルセラピー

西洋医学と東洋医学の違い

西洋医学(対処療法)症状が出てからそれに対する治療をします。緊急時、重症など症状が出ている場合
東洋医学(予防医学・哲学) 健康で心穏やかにすごすなど、生き方まで学びます。

☆気をつけるべきこと☆ 時と場合によって、使い分ける事が大事です。

大切なこと@【自分と仲良くなる】

あなたの心やからだの状態をいつも観察しましょう。いつものあなたを知らないと、いつもと違う自分に気
づくことはできないでしょう。目を閉じてあなた自身と対話してみてください。今日は楽しかった?疲れたかな?
一日の終わりにあなたの心やからだに聞いてみる習慣をつけましょう。あなたの知らないところで、あなたの体の全部の細胞はちゃんと仕事をしてくれています。そのことに感謝して、ねぎらってあげたいですね。

普段から、自分の心やからだの状態を観察することによっていつもと違う自分の状態に気づくことが大切です。アーユルヴェーダであなたの体質別ドーシャを知ることができます。

大切なことA

●一つのものにこだわらない、柔軟な考え方をもつこと
●からだの声と症状を見分ける
●自分で自分を観察する癖をつけておく(自分の体質、物の考え方、とらえ方などについて知っておくこと)
●自分の健康を自分で守るという考え方をもつこと

大切なことB

●答えを一つにしないことです。あれか、これかとのどちらかを選ばなければいけないという思いこみを捨てましょう。
●あれか、これかの間に「どちらでもない」という答えを加えましょう。太極図を見てください。黒い部分に丸い光がありますね。自分の見ている陰の部分には必ず光があるはずです。すべては相対的にできています。
●こうであるべき、こうしなくて行けないという考えをすてあらゆることがあるということを受け入れるととても楽に生きることができます。

 

セルフボディケア講座1日講習(アーユルヴェーダ応用・\10,000)
AM9:30~PM16:30 随時開催いたします。その他の日程も調整いたします。
お問い合わせください。1時間半4回 各2,500 AM10:00~11:30

個人セッション・セミナーお申し込みフォームのページ
お申し込み後下記のどちらかで。当日現金お支払いも選べます。
お支払い方法
1:現金・銀行振り込み(お申し込み後お振込先をご連絡いたします)

このページのトップへ